個別指導で成績アップ!~生徒の目的に合わせて効率的に学べる~

メニュー

個性に合う塾を選ぶ

教材

指導方法の特徴

我が子の学校での定期テストの結果が悪かったり、受験が近づいてくると、学習塾に通わせようと考える親も多いと思います。一般的に、中学、高校と、教育の段階が上がるにつれて、勉強が出来る子供とできない子供の差が広がってきます。このような差が生まれる主な要因としては、学習の基礎ができているかどうか、その子供の個性に合った学習環境があるかどうかの差などが考えられます。学習塾のスタイルとしては、集団指導と個別指導の大きく2種類があります。それぞれにメリットとデメリットがあり、子供の個性に合わせてスタイルを選ぶことが重要です。集団指導の塾は講師一人の授業を複数の生徒が聞くという方式です。多くの塾は生徒の学力に合わせてクラス分けをしており、学力が低い子供に合わせた授業というよりはそのクラスの学力に合った授業を行います。学校と近いスタイルのため、友達もできやすく、一緒に勉強したり、宿題を教え合ったり、時には競い合ったりすることで、相乗的に学力が向上することが期待されます。一方、友達同士で遊んでしまったり、学力が低いクラスに入ってしまうことでモチベーションが下がってしまうデメリットもあります。一方、個別指導は、講師一人に対して生徒が一人から数人の学習を指導するスタイルです。講師が子供の学力に合わせて個別指導できるため、わからない部分や苦手な分野があっても丁寧に教えてもらうことが出来ます。そもそも勉強に気持ちが向かない子供でも、講師が将来の夢を聞いたり、普段の悩みを聞いたりするコミュニケーションを深めて、その子に合う方法でモチベーションを上げることもできます。ただ、子供と相性の悪い講師に当たってしまうと学習意欲が下がったり学習効率も低下してしまうデメリットもあります。集団指導、個別指導のいずれの方式にしても、子供の個性に合わせた学習塾を選ぶことが最も重要となります。

Copyright© 2018 個別指導で成績アップ!~生徒の目的に合わせて効率的に学べる~ All Rights Reserved.